アイドルマスター各種アニメの時間軸(時系列)を検証してみる

7.アニメ版アイドルマスターSideMの時間の流れ




それでは、アニメ版アイドルマスターSideMの時の流れを見ていきたいと思います。

まず、オープニングはいきなりライブ前のシーンとなっています。こちらはおそらく様々なメディアで予告されていた第1クールラストに描かれるであろうライブシーンと思われます。モチーフはTHE IDOLM@STER SideM 1st STAGE ~ST@RTING!~(通称ファスライ)で、会場も舞浜アンフィシアターとなっています。タイトルを経て、天道輝の回想シーンから物語が始まります。輝がホームにいるシーンはアイドルマスターSideM 聖地によると門前仲町駅のホームで、中野方面のホームから西船橋方面行きのホームをみたときと合致しているそうなので、日本橋のあたりから東西線を門前仲町で下車したものと考えられます。門前仲町駅から歩いて輝が事務所に付き、プロデューサーと話をしているところで、プロデューサーが立ち上げたばかりの事務所だという話をしています。この時点で輝はフリーの弁護士でその前は大きな事務所に所属していたこととその時代に子どもの弁護をしていた回想が入ります。バーの回想シーンから事務所に戻ってきたところで、輝の後ろにカレンダーがありますが、かなりボカしてあるのでここからは時期を読み取ることができません。このあとに子どもと公園で約束をしているシーンが挿入され、桜が舞っていますが、このような状況から少し前の話であると考察することができますので、輝が315プロに入る時系列とは直接あまり関係しないようです。桜庭薫と柏木翼が登場し、Jupiterのライブを見に行くシーンはEpisode of Jupiterとリンクしていて、ここでこんな感じでつながるのかあ、と感心させられました。原宿アストロホールで行われているJupiterのライブポスターに「WINTER LIVE」の文字があります。その後、薫が屋外で練習しているシーンが出ますが、ここは息が白いので明らかに寒い季節です。そしてこのシーンはEpisode of Jupiterで齋藤社長がJupiterに現実を突きつけたのと同じ日になると思います。そして、課題をクリアして、ユニット「DRAMATIC STARS」結成となります。ここからエンディングに入り、DRAMATIC STARS結成パーティ、Episode of Jupiterでも描かれていたJupiterの合流シーン、High×Jokerのスカウトシーン、S.E.Mのオーディションシーン、Beitのスカウトシーンと続きます。スタッフロールが切れたところで、桜が描かれて季節が春になったことを示しています。冬馬が読んでいるサッカー誌の表紙にWの二人が出ているのでこの段階ではまだアイドルにはなっていないようです。週間予定表が出てきますが、ここには日付がないのでいつかは確定できません。ただ、DRAMATIC STARSはレッスンしか書かれていないのに対して、Jupiterは仕事の予定がかなり入っており、この時点でまだかなりの差がついていることを明示しています。ここまでで時期としては、DRAMATIC STARS結成に関する第1話は2012年12月位で、ラストシーンは2013年4月の物語だと考えてよいかと思います。本格的に物語が始まる2話以降は2013年4月からの始まりということで考察を進めていきます。

第2話では既にBeit、S.E.M、High×Jokerが加わっている状況となっています。各ユニットの練習も進み、宣材写真の撮影という状況のようですが、外にいる人が半袖と長袖を混ぜて描かれていますので、5月から6月くらいと思われます。初回の宣材写真はいまいちな状況で終わり、再度撮影ということになりますが、その際にPが「こちらは、来週にはライブが入っていまして」とJupiterのライブが翌週であることに言及しています。そして、そのライブの日ですが、テレビのニュースが挿入され、台風が上陸することを伝えています。ライブの来ている観客の服装は全員半袖で、中にはノースリーブの人もいる状況です。そして、ライブから宣材の再撮影となります。このときに挿入されている空には発達した積雲らしき雲が浮かんでいて、暑い時期であることを示唆しています。最大の課題となる台風です。台風というと10月くらいのイメージを持っている方も多いと思いますが、気象庁の台風の上陸数によると1951年から2016年まで192個の台風が上陸していますが、そのうち7月は31個と実に一年12ヶ月中3番目に多い月となっています。また、6月も11個と台風が全く上陸していないわけではないことも判ります。
これらの状況から2話については7月の物語と仮置きしておきます。つまり、2012年12月のJupiter・DRAMATIC STARSの所属後、オーディションやスカウトなどを経て、4月に本格稼働した315プロは2話の宣材写真の時点で物語としては7月まで一気に時が進んだ、ということになると考えてよいと思います。

第3話は宣材写真を撮った直後であることが輝のセリフから判ります。吉澤記者の取材シーンから衣装のシーンと事務所のシーンまでは同じ日でしょう。新曲は既に数週間練習していることが判りますので、Jupiterライブの前後で新曲が作られているということになります。そのあとすぐに新曲の収録、CDショップでの営業の様子、雑誌取材、ダンスレッスン、デビュー記者会見、テレビ局での打ち合わせ、リハーサル、本番、と続きます。テレビ局での打ち合わせ時点でプロデューサーが「明日がリハーサル、明後日が本番となります。」と話していますので打ち合わせシーンからエンディングの収録シーンまでは3日間です。残念ながら細かい日程確認のできる証拠はありませんでしたが、High×Jokerが夏服、しかも盛夏服と思われる服装でしたので、第3話は第2話からの続きで7月の話ということで良さそうです。本番が翌日だったので空港にも行けたんですね。

第4話はBeit回です。Beitは「深川八幡通り商店街」でバイトをしていたようです。もちろんそのままの名前の商店街はなく、おそらく深川仲町通り商店街を指していると思われます。そして、今回キーとなるのは「お祭り」です。深川八幡こと富岡八幡宮のお祭りは深川祭(深川八幡祭り)と呼ばれ、神田明神の神田祭、日枝神社の山王祭と並ぶ江戸三大祭りの一つで、その規模は都内最大級です。しかも江戸三大祭りは「神輿深川、山車神田、だだっ広いが山王様」と称され、深川祭は神輿が名物となります。そして、この記事として重要なことは、深川祭は毎年(本祭は3年に一回、その間は規模の小さい陰祭が行われる)必ず8月15日前後に開催されている、ということです。2013年の深川祭は8月11日でしたのでつまりこの第4話の時点で既に8月11日まで時期が進んでいるということになります。商店街のイメージビデオの撮影シーンから深川祭出演の話になるまでが一日です。ここで渡辺みのりが「週末」と話していますので、このシーンから深川祭までは一週間以内の出来事となります。

第5話はS.E.M回でした。半袖の人と長袖の人が入り交じっていますが、高校生の制服がまだ夏服なので10月の衣替え前であることは確定です。オープニングで受験生応援ステージがあることを伝えるシーンがあり、その後のレッスンシーンはその直後くらいのような気がします。16時のミーティングで翌日から早朝ランニングと話していますので、次のランニングシーンは翌日(2日目)です。早朝ランニングとダンスレッスンは交互に行うと硲道夫がほかの二人に告げています。ランニング後の朝のシーンは山下次郎が筋肉痛になったことを「翌日きたってことは」と話しているので翌日(3日目)で確定します。ここで数日進んでいますが、ダンスシーン(3日目)→ランニングシーン(4日目)→筋肉痛シーン(5日目)→ダンスシーン(5日目)→ランニングシーン(6日目)と続いています。この次の事務所でのシーンで後にカレンダーが見えますが詳細な日付までは読み取れません。ちょうどこのシーンは7日目で1週間経過時点と考えて良さそうです。この翌朝は8日目でしょう。この次の次郎が風邪を引いたシーンは9日目でしょう。このシーンからライブシーンまでは何日経過しているか判らないですが、それほどの日数は経っていないと思いますので、オープニングからエンディングまで概ね2週間くらいの物語と推察されます。なお、ライブシーンで後に出ている「意思あらば道あり」「日々是決戦」のうち、「日々是決戦」は代々木ゼミナールでよく使われる標語ですね。代々木ゼミナールは「日々是決戦」のほかに「親身の指導」が用いられます。

当初は5話までで8月が終わるくらいという状況と考えていましたが、その後の展開から第4話以降は時系列が入れ子になっていると考えられます。詳細は7話のあとにまとめます。

第6話はW回ですね。Wが初登場ですが、プロデューサが盲腸(急性虫垂炎)で入院というところからでした。「虫垂炎について | 疾患について | ご利用案内トップ | 社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院」によると概ね5日間程度で通常は退院するようです。入院から蒼井悠介がベッドの上にいるシーンまでが1日でしょう。次のシーンは「ついにおかゆ」といっているので、翌日ではなく翌々日くらいでしょうか。病室から飛び出したサッカーボールを渡すシーンまでが一日。次の蒼井享介が誤解していたことを謝罪するシーンは「昨日」といっているので翌日です。ここでミンミンゼミが鳴いています。ミンミンゼミは、東京では7月下旬から9月一杯くらいまで鳴いていますので、時期的にはここまでの分析がずれていないことが判ります。High×Jokerからお見舞いに差し入れられたドーナツのシーンは一日、悠介がプロデューサの病室にゲームを持って行くシーンまでも一日、次のかくれんぼをするシーンも享介がサッカーの練習帰りのようなので別日でしょう。以降、食事のシーン、S.E.Mがお見舞いに来るシーン、二人が入れ替わって当てさせるシーンはそれぞれ享介の服装が違うので別日でしょう。次の入院している子どもたちにサッカーを教えるシーンも「今日はどこへいくんですか」と話しているので別日となります。BeitがJupiterからのお見舞いの品を持ってお見舞いに来るシーンも享介の服装が違うので別日でしょう。このシーンからスカウトをするシーン、悠介が医者から現在の状況を宣告され、享介に電話をするシーンまでは一日です。ここまでで9~10日経過となります。享介が記者に捉まっていたことを話をしているシーンは「昨日」と話をしているので翌日です。享介が病室を飛び出していくシーン、テレビで悠介の復帰が難しい報道がされているシーンまでは一日となります。渡り廊下にいる悠介をプロデューサが見つけるシーンからは、このあとに出てくる享介の服装が違うので、おそらく翌日です。入院してからは11~12日経過ですが、蒼井兄弟と出会うのは2日目、親しく話をするようになるのは3日目なので、まさに「ここ数日」といえる時間感覚です。盲腸の一般的な入院日数の倍となりますが、冒頭で相当我慢していたことが示されているので少し悪化していて、完治までに時間がかかったということにしておきます。

第7話はHigh×Joker回です。まず、新入生歓迎会なので4月から始まっています。その後、ミンミンゼミが鳴いているので物語は明らかに夏休み中です。さらに夏期講習中の様子が出ています。第4話も確実に夏休み中なのでこの時点で第4話から第7話は平行していることが判ります。夏期講習から部室、事務所でプロデューサーからPV撮影の許可を取るところ、カラオケ、電車内、武蔵小金井駅前、若里春名のバイトシーンまで一日です。事務所シーンに予定表が出ていますが、まだWの欄がないので、Wは合流前となります。冬美旬の家に行くシーンからは、昨日隼人の家に行ったといっているので、翌日です。部室前のかけ声のシーンまで同じ日でしょう。つまり撮影は二日間ということになります。このあと撮影が完了したビデオカメラが事務所に戻ってきているシーンが出てきますが、このとき背景に描かれている予定表は最初に出てきた予定表と同じ「山村 土日 釣りに行ってきます。」が書かれていることからも短期間であることが判ります。エンディングは二日間で撮影したビデオシーンでしょう。エンディング後にライブの話が出てきて、「来週は合宿」といっていますので、この次の回までは確実に夏です。

それでは、第4話から第7話の実際の時系列を見ていきましょう。経過日数は第4話が1週間以内、第5話が2週間程度、第6話が11~12日、第7話が2日間です。第7話は合宿回にそのままつながる話があり、第4話は8月11日で動かせません。第2話から第3話を7月上旬とするとWがリハビリをしなければならないことを踏まえるとW回が実は7月半ばから後半に掛けての話だったと考えるのが良さそうです。S.E.M回は8月上旬、Beit回はS.E.M回の後半と平行、High×Joker回はBeit回の直後でしょう。これを並べると
DRAMATIC STARSのテレビ出演→プロデューサが急性虫垂炎で入院、Wをスカウト→S.E.Mの体力向上スタート→次郎風邪→Beit商店街動画撮影→S.E.M予備校公演出演→Beitお祭り出演→High×JokerのPV撮影
となります。この状況でいくとWは引退会見後、2週間程度で退院、合宿回は8月15日以降くらいの時期、となります。

第8話は合宿回となりました。劇場版アイドルマスター、シンデレラガールズとおなじみになった合宿所です。
後半冒頭に3日目の当番表が貼ってあり、その横に「あと3日!!」とありますので、合宿期間は5日間と推定されます。そして、この回最大の衝撃的な事実がエンディングで明らかになりました。なんと315プロのサインとともにシンデレラプロジェクトのサインも飾ってあるのです。しかもこのシーンで背景の壁に貼られている予定表は文字数や表記がすべて同一です。つまり、この合宿はシンデレラプロジェクトのメンバーが合宿をしたあとに行われているということになります。シンデレラ側から見てもSideM側から見ても合宿スケジュールには矛盾はなく、シンデレラガールズのアニメに出ていた2015年のカレンダーはオンエアしていた年のものをうっかり使ってしまっただけ、と考えるのが良さそうです。このおかげで、シンデレラガールズのアニメ内で876プロに所属している秋月涼の広告が出ていても何らおかしなことはない、ということにもなり、全体的な日程的な考察はむしろスムーズになった、といえるでしょう。なお、シンデレラガールズ作中でJupiterが全国ツアーということが触れられていましたが、この流れから第2話は全国ツアーの横浜公演と考えると良さそうです。全国ツアーといっても大きな会場を巡るものばかりではなく、例えばGeroさんの全国ツアー「Gero Live Tour 2017 -EGOIST-」を見ると8月から11月にかけて300~500位の会場を全国20カ所を回っています。ファンとの交流を一番に考えているアーチストはこうした顔が見える規模のホールを好んで全国ツアーをするケースが多いので、2話の舞台となった横浜ベイホール(約1000)というキャパシティは横浜会場としては十分考えられます。

第9話は改めてJupiterについて振り返る回となりました。オープニング前は夜ですのでオープニング明けは翌日でしょう。練習シーンからJupiterが撮影に行って、北斗が事務所に戻るシーンまで一日です。背景に予定表が映っていますが、そこの水曜日のところが「ダンスレッスン(B)(W)」とあり、ポスター撮影とありますので、この日は水曜日と確定します。巣鴨地蔵通り商店街でのロケシーンは別の日です。予定表が新しくなっていて、一番上の月曜日のところにWの予定としてTVロケが入っていますので、翌週の月曜日でしょう。ここからラストまで同じ日です。巣鴨のシーンで出てくる街の人が長袖になっているので既に夏は過ぎ秋に入っていると思われます。北斗と類のラジオ収録シーン後に紅葉が描かれたポスターが貼られていますので、この辺から秋も少し深まってきていると考えるのが良さそうです。現時点では9月後半から10月にかけてのどこかと仮置きしておきます。

第10話は7話ではあまり掘り下げられなかったHigh×Joker回となりました。全編を通して学園祭を扱っており、出てくる高校生が完全に冬服にはなっていないものの既に夏服ではなくなっているので、中間服や合服といわれる制服の時期でしょう。9月下旬から10月中旬くらいの物語と推定されます。

第11話はスタートからライブ告知の場面となっています。街頭の人たちが毛糸の帽子をかぶっているなど、完全に冬の服装となっていますが、その次のシーンで「B級グルメスタジアム」のステージとなっており、黄色く色づいた木々も描かれているので状況としては11月でしょう。その後はソロ活動をしている二人が描かれており、温泉旅館へ行くシーンへとつながります。温泉旅館は河口湖と推定されますが、見事に木々が色づいています。河口湖の紅葉シーズンは「秋の情報| 富士河口湖 総合観光情報サイト」によると11月上旬から中旬とのことですので、11月上旬くらいと比定できます。

第12話はシリアス回でしたが、完全に冬の様相です。11話が11月上旬くらいですので、12話は11月中旬~下旬くらいとしておきます。ということは13話はおそらく12月上旬、則ち「THE IDOLM@STER SideM 1st STAGE ~ST@RTING!~」が開催された12月6日をイメージして日程が設定されていると現時点で既に確定させても良いと思います。

第13話はほぼライブ回となりました。ライブシーンは一日です。このあとの打ち上げシーンはクリスマスという話が出ていますので、ここまでの流れから「THE IDOLM@STER SideM 1st STAGE ~ST@RTING!~」の開催された2015年12月6日と韻を踏んで12月第1週と考えて良いでしょう。打ち上げシーンはメリークリスマスといっているので12月24日付近でしょう。エンディングはすべてモバゲー版SideMのイベントかガシャと連動しています。登場順に確認していくと
Jupiter→2017年1月10日~1月17日開催の「THE DREAM TIME CIRCUS」
Beit→2015年2月9日~2月16日開催の「バレンタインライブ2015」
S.E.M→2015年4月15日~4月23日開催の「Fresh☆イチゴ尽くし」
W→2015年1月31日~2月9日開催の「ベイサイドライブガシャ」
High×Joker→2016年10月31日~11月7日開催の「超常学園~覚醒スル切札~」
DRAMATIC STARS→2016年2月22日~2月29日開催の「劇星☆戦隊ドラスターズ -激闘!ダブルデビル-」
という内容でした。開催時期はバラバラですので、それぞれのイベント開催時期と実際の仕事時期は必ずしも一致していないと思われます。そして桜が咲き、4月になりました。2014年春でエンドとなります。

SideMにはまだまだほかにもアイドルがいますので、おそらく2期をやるのではないかと思います。その際にはまた改めてこちらの記事を更新しますのでよろしければご覧下さい。




もくじへ戻る